競売よりも債務者と債権者双方にメリットがある

任意売却とはどんな手段なのか

ローンを組んで購入した住宅はローンが払えなかった場合は競売にかけられてしまう事があります。競売は裁判所が介入するので強制的で融通が利きません。競売によって住宅を刑務の残高よりも高い金額で売却するか残高を下回る金額でしか売却できなければ差額を債務者が用意して支払わなくてはなりません。しかし住宅ローンの支払いができなくなった債務者が差額を用意するのは難しいです。

そこで専門家が債権者と債務者の間に入って調整を行う事で残高以下の金額でも住宅を売却できるのが任意売却です。そのまま競売を行っても競売では相場よりも安く落札される傾向があるので、売却額が安くて住宅が売れずに差額を埋める事もできなという事も珍しくありません。

そうなる債権者にとっても債務者にとっても良い状況とは言えません。そこで任意売却を行う事で少しでも住宅を高く売る事ができて、債権者は負債が減りますし、債務者からしても残高以上で売れなくても売却できるメリットがあります。

任意売却が競売よりも優れているところ

任意売却は競売と比べて相場に近い価格で売却できるので、債権者にとっても債務者にとってもメリットがあります。債務者は住宅の売却後新たな住宅を決めてから退去したいですが、競売の場合は退去時期に関して融通が利きません。しかし任意売却の場合は相手方と退去の時期に関しても話し合って折り合いをつけられるので債務者にメリットがあります。競売にかけられると裁判所からの執行官が派遣されてきて近所に競売の事実を知られる可能性があります。しかし任意売却ではその心配がありません。

任意売却をするとほぼ相場通りの価格で売れると言われていますが、実際にはやや価格が落ちる可能性が高いです。瑕疵担保責任がついていないといったデメリットも存在しているからです。