ファミリー向けの物件は郊外に多い理由とは!?そもそも選ぶ基準が異なる

学校迄の距離が掲載されている

ファミリー向け賃貸物件の特徴として、小中学校迄の距離が物件情報に掲載されていることが一般的です。子供がいる世帯で無ければ気にしない学区情報が掲載されているケースもあるので、明らかに子供がいるファミリー向け物件の特徴と言えるでしょう。同じ間取りであっても、小中学校に関する情報が掲載されていなければ、子供がいるファミリー向けの賃貸物件とは限らないことから、騒音トラブルに注意する必要があります。

閑静な住宅地が好まれる

単身向けや夫婦世帯のみの物件であれば、駅前または駅近物件が好まれますが、ファミリー物件は閑静な住宅街に集まっています。入居者の多くが緑地や公園を徒歩圏内で利用出来る場所を希望するので、子育て世帯が公園や緑地を近場に求めている傾向が掴めるわけです。静かな住宅地をファミリーが選ぶのとは対照的に、若い女性は静か過ぎる環境を危険と感じるでしょう。ある程度の人通りを重視するか長閑さを選ぶかは、単身世帯とファミリー世帯では考え方が真逆になります。

振り分けタイプの部屋構造が多い

2DKや3DKといった同じ間取りであっても、ファミリー物件では振り分け式が好まれる傾向にあります。単身世帯や夫婦のみの世帯であっても、同じ広さの間取りに住みたい人は多いものの、ファミリー物件では子供の成長に合わせて子供部屋を設置するなど、振り分け式が合ってくるわけです。単身世帯や夫婦のみの世帯とは、部屋の使い方が変わるので、ファミリー物件では自然とニーズに合わせた形として振り分け式が増えています。

多摩センターの賃貸は、駅から徒歩圏内に多数の物件が存在し、都心へのダイレクトアクセスが可能なので、通勤や通学に大変便利です。