知っておくと安心!賃貸物件にかかる敷金と礼金

契約時に敷金が発生する

賃貸物件の初期費用としては、まず敷金と礼金を挙げることができます。これは、どのような不動産情報を見ても掲載されているので、すぐにチェックすることができます。敷金は保証金のようなものであり、万が一お部屋を汚してしまったり、傷つけてしまったりした場合の保証金として預けるものです。要するに、何かあった時の担保として支払うものです。ですから、もしも、お部屋を汚したり、傷つけたりすれば、預けた敷金が戻ってこない、あるいは敷金以上のお金を請求される場合もあるので注意が必要になってきます。敷金の相場としては、家賃の1か月分が相場となっていますから、事前に用意しておく必要があります。また、中には敷金の返金がない不動産契約の場合もありますから、事前に確認しておく必要があります。

今も慣習として残る礼金

賃貸物件を契約するときに、敷金とセットになってついてくるのが礼金と呼ばれるものです。この礼金は、文字通り物件を貸してくれる大家に対してお礼としての意味で支払うお金のことです。昔は、お金を包んでそのまま大家に支払っていたという慣習があります。しかし、最近では、なかなか入居者が集まらないような賃貸物件などの場合は、入居者を増やすためにあえて礼金は0円にしているところも増えてきています。もともと礼金は法律で定められているわけではないので、礼金を徴収するかどうかは大家が任意に決めることができます。それでも、礼金が発生する賃貸物件もあり、その場合の相場としては、家賃の1か月分が相場となっています。

札幌市白石区にある菊水駅は、札幌市営地下鉄東西線が乗り入れている駅となっています。そのため、菊水の賃貸物件は交通の利便性が良く人気の高いエリアとなっています。