ペット可物件は共生住宅を狙うと良いってホント!?

仕方なくペット可物件としている建物に注意

賃貸物件探しを行っていると、ペット可物件の数が少ないことに気が付きます。全体の5%前後しか存在しないので、選択肢が少ないと感じてしまうでしょう。オーナー側の目線から見ると、ペットの種類によっては内部の破損や摩耗度合いが激しくなりがちだからです。犬自体の審査を行なえば汚損リスクは減りますが、猫の場合には特に部屋の傷みが激しくなりがちです。

オーナーが空室率に悩んだことが原因でペット可物件となった建物については、ペット可に切り替わる前から住んでいる住人との軋轢が生まれやすく、特に注意を要します。オーナーがペット可物件に踏み切る最大の理由は、一度入居すると長期間住み続けてくれる人が多いことが理由です。部屋の総数が少ないので、再度転居先を探すことが大変になりがちなことが契約更新に結びついています。

ペット共生住宅は空きを常に狙っておきたい

ペット可の賃貸物件を探すならば、ペット共生住宅として最初から建設されている物件を探すと良いでしょう。玄関付近には、ペット用の足洗い場が用意されていたり、専用ドッグランが併設されていることも少なくありません。何より、オーナー自身がペットを飼っているケースが多いので、最初からペットとの共生を前提にオーナーの意見が建築段階から反映されていることが多いです。

しかし、ペット共生住宅は人気が高く、家賃が決して安いわけでは無いにも関わらず空きが出ることは少ないです。常に空きを待っている人が存在しているので、満室であっても次回の空き部屋が出るかどうか問い合わせが管理会社に対して来ているケースあえあります。

旭川の賃貸は交通アクセスが良好なため、通勤、通学におすすめです。また、自然にも恵まれているので子育てもし易い環境です。冬はスケートができたり、動物園もあり満たされた生活が待っています。